1801年から続く鈴与グループ。
食品事業は、1929年から約80年に亘って展開してきました。
その歴史の一端をご紹介します。

創立前

初代鈴木与平 回漕問屋(播磨屋)開業

清水食品(株)創立
当社の前身、取締役社長に六代鈴木与平

日本初の鮪油漬缶詰本格生産開始(米国へ輸出)

調味料(ソース類)等の生産開始

マヨネーズ生産開始

オレンジジュース缶生産開始

世界初のポリエチレンチューブ入りマヨネーズ生産開始

焼津工場稼働(現 飲料事業本部)

焼津工場 マヨネーズライン稼働

創立後

エスエスケイフーズ(株)創立
(当時はマヨネーズ・ピクルス類の販売業務)

東京営業所開設(現 東京支店)

・清水食品(株)よりマヨネーズ製造部門を譲受、
自社生産開始
・焼津工場 マヨネーズ・ドレッシング新ライン稼働
・JAS(日本農林規格協会)認定のマヨネーズ生産開始

SSKドレッシング発売

福岡出張所開設(現 福岡支店)

西日本営業所開設(現 大阪支店)

静岡工場 第1工場稼働
(マヨネーズライン)

名古屋営業所開設(現 名古屋支店)

静岡工場 第2工場稼働(デリカソースライン)

静岡工場 第3工場稼働(ドレッシングライン)

清水食品(株) 焼津工場を焼津エスエスケイ食品㈱として分社(現 飲料事業本部)

焼津工場 ミネラルライン稼働

・焼津工場 医薬品ライン稼働
・家庭用マヨネーズ・ドレッシング発売

・焼津工場 マヨネーズプラント稼働
・ISO9001:2000認証取得(対象:全社)

焼津エスエスケイ食品(株)と合併し、
調味料事業と飲料事業の二本柱体制に

焼津工場 ボトル缶ライン稼働

テレビCM放映開始(静岡県内)

創立30周年

・焼津工場 粉末飲料ライン稼働
・アグリ事業本部新設、[関連会社]農業生産法人ベルファーム(株)設立

・静岡工場 第2工場改築(レトルト食品生産開始)
・那覇支店開設
・エコアクション21認証取得(対象 全社)

FSSC22000認証取得(対象 飲料事業本部)

[関連会社]愛食客食品(浙江)有限公司設立

SSKドレッシング(家庭用)「ポンカチ
キャップ®」、PETボトル採用

北関東営業所開設(東京支店管轄)

研究開発棟新設

本社移転(現所在地)

創立40周年